中堅消費者金融でお金を借りるには?

費者金融は「プロミス」や「アコム」、「アイフル」、「モビット」といた大手消費者金融の名前は良く知られていますが、消費者金融には地域密着型の正規の消費者金融も存在します。

参考:10万・20万・30万借りるならどこ?

貸金業法改正のあと消費者金融業界は大手や中小に限らず多くの消費者金融が倒産や廃業に追い込まれましたが、倒産を免れ、生き残った地方の中堅金融業者は全国各地で地道に事業を続けているところや、貸金業法改正後にあらたに起業した消費者金融もあります。
中堅消費者金融のなかには積極的に融資をおこなっている会社や事業の規模を縮小せざるをえなくなった会社、地元に限定した融資だけで事業をおこなっている会社などから見られるように、経営姿勢もそれぞれに違いがあります。
中堅消費者金融の現在の経営状況をみてみると、貸金業法改正前の経営方針がおおきく影響しているともいえます。

貸金業法の改正後、現在倒産をまぬがれた中堅消費者金融の多くは、有人店舗での営業を縮小し、インターネットを利用して営業範囲を広域にする傾向にあります。
中堅消費者金融の顧客は、もともと大手消費者金融で借りられなかったリスクの高い消費者を対象にしていましたが、さらに融資を受けやすくすることで顧客の獲得に努力している多くの中堅消費者金融があります。

たとえば、大手消費者金融の審査はマニュアル通りに進められるので、過去に遅延や債務整理をしたことがあるいわゆる金融ブラックと呼ばれるひとや、勤続年数が足らなければ間違いなく断られてしまいます。
しかし、中堅消費者金融は過去にはとらわれず、現状の生活状態や収入状況から審査をおこない、現状に問題がなければ積極的に融資をしています。

過去に金融事故を起こしたことのあるひとや、時間的に余裕がなく一度の申込で借りたいと思う人は申込先を大手だけにこだわらず、こういった中堅消費金融まで範囲を広げればかならず融資が可能なところがあるので、一社で断られてもあきらめずに時間をかけて探せばきっと見つかるはずです。

関連記事